LIFULL Creators Blog

「株式会社LIFULL(ライフル)」の社員によるブログです。

「builderscon tokyo 2018」 Sponsor Report!

こんにちは。

この時期になるとイベントへの参加意欲が高まる、人事の水村です。

先日builderscon tokyo 2018が開催されたのですが、LIFULLもスポンサーとして参加させていただきました。       

builderscon tokyoとは

「知らなかった、を聞く」 をテーマとした技術を愛する全てのギーク達のお祭りです。(引用:builderscon tokyo コーポレートより) f:id:LIFULL-mizumura:20180910112451p:plain

9/7(金) 弊社ホームズくんと参加してきましたので、レポートします!

続きを読む

LIFULL主催の技術勉強会「Ltech#2」開催レポート!

こんにちは!Ltech運営チームの引持(ひきもち)です。

本日は9月の初めに弊社にて開催させていただきました「Ltech#2 meetup 〜オフショア開発現場のリアル〜」の模様をお伝えします!

Ltechとは

Ltech(エルテック)とは、LIFULLがお送りする、技術欲をFULLにするイベントです。
特定の技術に偏らず、様々な技術の話を展開しています。

Ltech#2 meetup 〜オフショア開発現場のリアル〜

Ltech #2はオフショア開発についてパネルディスカッション形式で行いました。
今回はLtechとして初めて外部からゲスト(株式会社モンスター・ラボ 浅子様、株式会社じげん 横山様、株式会社オルトプラス 三ヶ尻様)をお招きして開催させていただきました。

続きを読む

iOSDC Japan 2018に参加してきました

こんにちは! LIFULL HOME'S事業本部 技術開発部の小賀野と申します。 普段フロントエンドやBFFなどの開発を行っているエンジニアです。

さて、今年もiOSエンジニアにとっての一大イベントの1つであるiOSDC Japan 2018が開催されました。 LIFULLは、昨年のドリンクスポンサーに引き続き、 今年はゴールドスポンサー+前夜祭&LT大会ビアスポンサーとして協力させていただきました。また、今年はなんとLIFULLから2人が登壇いたしました!

8/30(木)〜9/2(日)に開催されたiOSDC Japan 2018に参加してきましたので、 一部ではありますがその様子をお届けしたいと思います!

続きを読む

LIFULL主催の技術勉強会「Ltech#0&#1」開催レポート!

こんにちは! Ltech運営チームの比下(ヒゲ)です。

本日は、6月に弊社にて開催した技術勉強会「Ltech #0 RubyKaigi2018報告会」と 7月に開催した「Ltech #1 LIFULL HOME'S 機械学習Night」の模様についてレポートいたします!

Ltechとは

Ltech(エルテック)とは、LIFULLがお送りする、技術欲をFULLにするイベントです。 特定の技術に偏らず、様々な技術の話を展開していく予定です。

続きを読む

デザイナーの放課後 #3 「デザイナーが語る『ブランディング』の現場」開催レポート!

こんにちは、LIFULLでデザイナーをしております池上あかねです。 本日は、8/7(火)に弊社にて開催された、LIFULLのデザイナーが主催する勉強会&交流会「デザイナーの放課後」第3回の模様についてレポートいたします!

続きを読む

2018年LIFULLの暑中見舞い 〜出がらし編〜

残暑お見舞い申し上げます

LIFULLでデザイナーをしております長谷部です。
立秋とはいえ、真夏日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

これまで「上澄み編」「だって人間だもの編」とお話ししてきました。 今回で最終回ですが、完成するまでの検討や微調整などデザインの地道な作業のお話ができたらと思います。
デザイナー以外の方はそんなものかと、ベテランの方は生暖かく読んでいただけたらと思います。

続きを読む

他のチームのふりかえりに参加してみよう!

 こんにちは!チームで熱狂しながら開発したいサービス企画のスズキです。
今日はLIFULLで行っている「ふりかえりのオブザーバー制度」を紹介します。

みなさん「ふりかえり」をしていますか?

 ふりかえりとは、プロジェクトの終了後や途中で、あるいはトラブルの発生時に行うもので、プロセスや結果について「ふりかえって改善すること」です。
 プロジェクトやメンバーの状況に合わせて、やり方はいろいろありますがLIFULLではKPTがよく使われているようです。
 ただ「ふりかえり」が開発フローとして定められているわけではないので、プロジェクトによっては実施するタイミング異なっていたり、そもそも行っていないところもあるようです。

続きを読む