LIFULL Creators Blog

「株式会社LIFULL(ライフル)」の社員によるブログです。

Oculus Riftがやってきた!&環境づくり

ネクストにもOculus Riftがやって来ました!

f:id:nextdeveloper:20131204121025j:plain

Oculus Riftとは

http://www.oculusvr.com/

OculusVR社が開発中のバーチャルリアリティヘッドマウントディスプレイです。
6軸ヘッドトラッキング機能がついていて、首を右に向ければ右を見れるし、上を見れば上を見れる。
視野角も非常に広く高い没入感を得られます。

早速なので、Unity上で開発環境を作ってみましょう。


※Oculus Rift SDKを動かすにはUnityProが必要です。

1.Oculus Riftデベロッパー登録

まずはデベロッパー登録をします。
https://developer.oculusvr.com/

必要事項を入力し、登録します。
登録にはお金はかからないのでご心配なく。

2.SDKのダウンロード&インポート

Unity 4 Pro Integration をダウンロードします。

f:id:nextdeveloper:20131204130338p:plain

そのファイル展開すると以下のようになります。

f:id:nextdeveloper:20131204130352p:plain

次に、Oculusに対応したいUnityプロジェクトを開き
先ほどダウンロードしたディレクトリの
OculusUnityIntegration/OculusUnityIntegration.unitypackage をダブルクリックします。

そうすると、unityへ必要ファイルのインポートが始まります。

3.プロジェクトをOculusに対応

インポートされた OVR の中にある、Prefabs/OVRPlayerControllerをSceneにドロップすれば完了です。
ゲーム画面が2画面に分割されます。

f:id:nextdeveloper:20131204130605p:plain

あとは、BuildすればOK!とっても簡単ですね〜。こんなに簡単にVRの環境ができちゃうとは、すごい。



==============================================

株式会社ネクストでは、一緒に世の中をもっと便利に楽しくしたい仲間を募集中です。
主体的に楽しみながら仕事できる方からのエントリーお待ちしています!
http://recruit.next-group.jp/