読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFULL Creators Blog

「株式会社LIFULL(ライフル)」の社員によるブログです。

Couchbase LiteでDeleteとUpdateをしよう

さて、前回にReadとCreateをしたので、次はDelete、Updateをしましょう!

ドキュメント更新

前回同様、Updateは、NSDictionaryを操作します。 簡単にいえば、ドキュメント内容をNSDictionaryで受け取って、中身を入れ替えてまたセットし直すという感じです。

まず、この時点で、UITableViewを配置している前提としています。

流れは

  • ドキュメントをMutableDictionaryで受け取る
  • Bool値を入れ替える
  • CBLDocumentに値をputする

という感じになります。

Couchbase LiteをCBLDocumentベースで更新

見て分かる通り、ほぼCreateと変わりません。 いうなれば、CBLDocumentを作成する時が、untitledなのか、documentWithIDなのかの差です。

ドキュメント削除

削除は簡単。

流れは

  • 削除する対象のCBLDocumentを作成
  • CBLDocumentをdeleteする

Couchbase LiteをCBLDodumentで削除

こちらもほとんど他のとやり方は変わりません。

まとめ

CUDの流れは

  • CBLDocumentを作成
  • putなりdeleteなりする

Rは

  • CBLQuery作成してDocumentを取得
  • イテレータでArrayに込めなおす

って感じですね。

ここまでNSDictionaryで作成したりなんだりしましたが、次回はモデルを使った操作も見てみましょう。


株式会社ネクストでは、一緒に世の中をもっと便利に楽しくしたい仲間を募集中です。 主体的に楽しみながら仕事できる方からのエントリーお待ちしています! http://recruit.next-group.jp/