読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFULL Creators Blog

「株式会社LIFULL(ライフル)」の社員によるブログです。

「iOS8/Swift勉強会に参加して感じたこと考えたこと」

藤原と申します。

10/18にYahoo!さんで開催された「iOS8/Swift エンジニア勉強会」に参加してきました。

この勉強会の内容に関しては、既にいろんな方が書かれていたり、 スライドが公開されたりしていますので、 違った視点からこの勉強会について感じたことを書かせていただこうと思います。

知識の蓄積と適切な選択

今回の勉強会で、iOS8対応に関する様々なTipsを共有していただきましたが、これまで対応してきた中で「あるある!」と思えるようなものばかりで、やはり先行して物事を進めている印象を受けました。

特に印象に残ったのが「iOS8対応の対応方針で適切な優先順位を付けている」と感じた点です。

今回iOS7からiOS8にバージョンが上がる際に必要な対応としては、

  1. 「iOS8でアプリが動作する(落ちない)ための対応」
  2. 「iPhone6, iPhone6 Plus対応(画面サイズ変更)」
  3. 「iOS8での新機能導入」

の3つがあげられ、私達も弊社のアプリである「HOME'S」の対応を、1→2の順でやっていましたが、2.の作業に大きく時間がかかり、3.「iOS8での新機能導入」になかなかチャレンジ出来ない状態でした。

一方Yahoo!さんでは、1→3の順番で対応されていて、まず新機能を優先的に進めており、かつそれまで蓄積していた知識・見識で、短い工数で新機能の導入まで行っていました。

今後は私達も、アプリの効果を出すこと、たくさんの方に使ってもらうことを考えると、最新知識だけではなく、日々の業務におけるノウハウの蓄積を行うだけではなく、そして、適切な優先順位を付けて対応していかなければいけないと感じました。 

チャレンジのスピードとモチベーション

LTにおいて、正式版が出る前に1ヶ月半前にSwiftでの開発を決め、iOS8正式版リリース日に間に合わせてアプリをリリースされたお話を聞いたり、カスタムキーボードを使用した新たな試みなどの話を伺いました。

あのベータ版の状態でその決心や試みをするのは、ものすごくチャレンジングで勇気のいることだったんだろうな・・・と感じるとともに、自分達も負けていられないという印象を受けました。

日々の業務との兼ね合いというのもありますが、むしろ言ったもん勝ち、言ったからにはやります、というチャレンジ精神を常に持たなければいけないと感じました。

また、セッションをされた新卒エンジニアの方から、ベテランエンジニアの方まですごく楽しそうに話をされていて、本当に日々の業務を楽しく、ポジティブにされているんだろうな、と感じました。

これはYahoo!さんの社員の方だけではなく、社外から参加されている方にも同じ印象・熱意を受けました。  

まとめ

今後、自分達が成長するために「知識の蓄積と適切な選択」「チャレンジのスピードとモチベーション」を常に意識し、「物を生み出す、手を動かすところからスタート」を実践しなければいけない、という教訓を得ることが出来ました。

エンジニアである以上、スピード感を持ってものづくりを見せていくことで、この勉強会で得た内容をフィードバック出来るよう心がけたいと思います。

今回このような貴重な機会を提供していただいた、Yahoo!様と刺激的な話をしてくださった、スピーカーの方に感謝を述べて、締めくくらせていただこうと思います。