LIFULL Creators Blog

「株式会社LIFULL(ライフル)」の社員によるブログです。

LEGO(R)のブロックで作った室内をOculus Riftでウォークスルー!「GRID VRICK(グリッドブリック)」

こんにちは。 池田と申します。

本日は、部屋作りシミュレーションシステム「GRID VRICK(グリッドブリック)」についてご紹介しようと思います。 このシステムは、楽しみながら部屋作りを体験できるシミュレーションシステムです。

お部屋を住み替える際には、費用の問題であったり、検討の時間の問題であったり、いろいろな問題があり、結構ハードルが高いものだと思います。

ですが、部屋を住み替えるということは、新しい環境に身を置き、新しい気持ちを持ち、新しい生活を築いていく、とても楽しく素晴らしいことだと思います。 この「GRID VRICK(グリッドブリック)」ではその「楽しい!」という気持ちをより多くの人に感じてもらいたく、作成するに至りました。

今回ここで紹介するのは、LEGO(R)のブロックと組み合わせた体験の例をお伝えしたいと思います。

実際できることは以下です。

  • ブロックを配置し、間取り作成、家具の配置
  • ブロックを組み替えることで、リアルタイムに間取り、家具の更新
  • PC画面上で、部屋の壁紙、扉、窓、家具の種類を変更
  • 「Oculus Rift」を着用し、部屋のウォークスルー体験

実際その流れを実際の利用風景を交えながら、ご紹介していきたいと思います。

間取り作成、家具の配置

ここでは、壁は赤いブロック、扉は薄緑のブロック、窓は青のブロックという設定がされており、このブロックの位置、大きさにより、3Dの部屋空間がPC上に再現されます。

こちらがブロックを配置しているところ。

f:id:nextdeveloper:20141031182025j:plain

そしてそれで再現された、3Dの部屋空間。

f:id:nextdeveloper:20141031182528j:plain

家具を配置したところ。

f:id:nextdeveloper:20141031174714j:plain

f:id:nextdeveloper:20141031182538j:plain

間取り、家具の更新

作成した間取り、家具は、ブロックの付け替えにより、リアルタイムで更新ができます。

左下の部屋の窓を増やしてみました。

f:id:nextdeveloper:20141031174824j:plain

PC上の画面はこんな感じ。

f:id:nextdeveloper:20141031182554j:plain

壁紙、扉、窓、家具の変更

PCの画面上で操作することで、壁紙、扉、窓、家具などを変更できます。

壁紙を変えてみました。

f:id:nextdeveloper:20141031182758j:plain

f:id:nextdeveloper:20141031182752j:plain

家具(ソファ)を変えてみました。

f:id:nextdeveloper:20141031182718j:plain

f:id:nextdeveloper:20141031182744j:plain

ウォークスルー体験

「Oculus Rift」を着用することで、 自分が作成した部屋に実際入り込んで、ウォークスルーするような体験をすることができます。

部屋の入口から入るところ。

f:id:nextdeveloper:20141031182648j:plain

作ったリビングルーム。

f:id:nextdeveloper:20141031182655j:plain

作ったトイレ。

f:id:nextdeveloper:20141031182701j:plain

以上が、部屋作りの体験ができるシミュレーションシステム「GRID VRICK(グリッドブリック)」です。

動作している様子は以下の動画でご覧いただけます。


LEGO(R)のブロックで作った室内をOculus Riftでウォークスルー!「GRID VRICK ...

詳細は以下からご覧ください。

11月23日(日)、11月24日(月)で開催されるMaker Faireに出展(東京国際展示場・西3ホール 21-6)しますので、気になった方はぜひぜひ遊びに来てください!

Maker Faire Tokyo 2014 | Maker Faire Tokyo 2014 | Make: Japan