LIFULL Creators Blog

「株式会社LIFULL(ライフル)」の社員によるブログです。

「一人合宿」やってみました。

こんにちは。藤原です。

スキルアップのために本をガッツリ読んだり、やりたいことの整理をしたいけど、なかなか普段は時間がとれなくて・・・、という方も多いと思います。また、それを家でやろうとすると、誘惑が多くてなかなか手を付けられないとか、環境を作ることが出来なくて自宅だと進まない!という方もいらっしゃるかと思います(私です)。

やりたい、やらなきゃいけないと思っていたことを積みに積んでいた中で、スケジュールがポッと空いてしまい、かつ残っている有給を有意義に消化したい、でも旅行に行く計画も急すぎて難しい・・・というところで試してみたのが「一人合宿」です。

で、その「一人合宿」をやるにあたって、自分が行った事前準備と、実際やってみてどうだったか、ということを書いてみたいと思います。

一人合宿の事前準備

目的とやりたいこと(タスク)の整理

  • 何をどこまでやればゴールとするのか、ということを事前に決めて計画を立てておきましょう。
  • ターゲットを絞っておきましょう。 あれもこれもと手を出すと全部中途半端になるのと、途中で嫌になって何も進まなくなってしまう可能性があります。

スケジュール

  • 出来れば2泊3日以上のスケジュールを組みましょう。

1泊だとすぐに終わってしまい、なかなか成果を出しにくいと思います。 また、睡眠時間をけずってやっても良いinput/outputが出にくいと思うので、あまり無理な予定を立てないことが大切かと思います。

  • 初日にある程度軽いタスクを計画すると良いです。

これで行けるというペースを把握し、2日目以降に腰を据えてやるタスクを計画するとよいでしょう。

場所の選び方

  • 個人の好みによりますが、和室よりも洋室を選んだほうが良いかと思います。

畳で寝転がってやったほうが進む!という方の場合は別ですが、いつでも机に向かえる、いつでもベットで休める環境の方が、メリハリは付けられやすいかな、と思います。

  • 机が広い場所を選びましょう。

ノートPCを広げたら一杯になってしまい、本やノートを広げることが出来ないとちょっと厳しいです。

  • 照明が明るいところを探しましょう。

ビジネスホテルは割合照明が暗いところのほうが多いです。

  • できれば加湿器が設置してあると良いです。

空調によって室内が乾燥することが多く、体調を崩すこともあります。 (濡らしたタオルを干しておくことでも乾燥を防ぐことが出来ます)

  • ある程度交通の便が良い場所をおすすめします。

それなりに機材を持ち込むとなると荷物も自然と大きくなります。 荷物の持ち運びなどを考えた場合、駅から近いほうが楽かと思います。 (自分の場合は、ターミナル駅から徒歩2,3分程度の場所で試しました。)

  • 近くにコンビニ等があるところを見つけましょう。

あまり観光地すぎるところに行くと、徒歩圏内にコンビニがないことがあって、ちょっとした買い出しなどに困ることもあるかもしれません・・・。

機材持ち込み

  • インターネット回線(wi-fi)

ホテルのLANは有線・無線ともにつながらないとか、速度が出ないことがありがちです。 またホテルから、無線LANとしてFree Wi-fiが提供されていることがありますが、気分的にもあまりよろしくないかなーという感じがします(あくまでも個人的な感想ですが)。 なお、持ち込む回線のキャリアが、サービス提供エリアであるかを忘れずに確認しておきましょう。 (地方だとサービスエリア外ということがあり得ます・・・)

  • ヘッドフォン/イヤホン

音楽を聞きながら作業をする方はぜひイヤホン・ヘッドフォンを持ち込んでください。 集中するためというのもありますが、周囲に迷惑を掛けないという理由もあります。

  • ブックスタンド

本を開きながらPCに向かうのであれば必要かと思います。 amazonで1000円前後で売っているので、そのくらいで十分かと思います。 (荷物もあまり大きくならないほうがいいでしょうから)

その他準備したもの

個人的に準備したものとして、軽くつまめるお菓子類や、水やお茶を事前に買って持ち込んだり、 作業着としてリラックスできる普段着を持参しました。(ホテルの浴衣だと作業しづらいですし・・・)

やってみた感想

  • 当初の見積もりよりも、「タスクごと」の進捗が出やすいです。普段の業務効率で計算すると、差し込みがない分集中度合いが増し、結果として予定より早く終えられたりしました。

  • ただし疲労もいつも以上にでます。2日目の夕方以降は姿勢が悪かったせいか、肩こりなどで体調を若干崩してしまい、その後の進捗を出すことが出来ませんでした・・・。

  • 手を動かせば進捗が明らかなもののほうが良さそうです。 ドハマりしそうなタスクは避けたほうが良いです。 アプリでいろいろ試そうとしたものの、やり方が分からず調査に時間をかけたら、半日過ぎてしまったということがありました。お金かけたのに成果でなくて何やってんだろう・・・って感じを避けることも必要かと思います(苦笑)。

  • 結果的には最低限やりたいことは一通り着手でき、形にも残すことが出来たので、良い「一人合宿」を過ごすことが出来たかと思いました。

  • ちなみに具体的な成果として「既存のアプリのデザイン改修案作成」「プレゼン資料の下書き」「ブログの下書き」というタスクはおおよそ予定通り出来たのですが、「アプリのモックを作る」のがまさにドハマりタスクで、進捗があまり進められず・・・。「読めなかった本に手を付ける」ことがおざなりになってしまいましたが、優先順位が高いものは何とか出来た!という感じでした。

普段時間が無い人にこそ、オススメな方法かと思いますので、良ければぜひ試してもらえれば、と思います。