LIFULL Creators Blog

「株式会社LIFULL(ライフル)」の社員によるブログです。

WWDC 2017 - 準備編 -

こんにちは。iOS開発グループの塙です。

来週の6/5-9にCA, San JoseでWWDC 2017が開催されます。 WWDCとはAppleが毎年開催している開発者向けイベントで、 Appleの新しいデバイスやOSなどの発表が行われます。

developer.apple.com

今回はWWDCに参加するまでにはどんなことをすればいいかを書きたいと思います。

抽選に応募する

応募資格としてはApple Developer Programが必要です。 個人だと年間1万円くらいかかりますが、月額にすればたいしたことないので macOS,iOS,watchOS,tvOSの開発を考えている方は登録しましょう。

上記を満たしていれば1-2月辺りに突如Appleからメールが来ます。

f:id:LIFULL-hanawat:20170602185001j:plain

このメールと共に募集が開始するのですぐに登録しましょう。 ただし当選した場合、自動でクレジット決済されてしまうのでお財布と相談してください。 入場チケットの料金は20万円弱くらいです。高い…

抽選に当選したら

このようなメールが届くので、近所迷惑にならない程度に喜びましょう。 外れてしまった場合は、近所迷惑にならない程度に泣きましょう。

f:id:LIFULL-hanawat:20170602185131p:plain

航空券とホテルを確保する

まずやらなくてはいけないのが航空券とホテルの確保です。 この当選発表と共にWWDC会場近辺に到着する航空券、会場近辺のホテルの予約が殺到します。 (真のApple信者の方々は抽選結果がわからない内から予約をしています)

今回はAppleから当選者に向けた良さげなホテルの提供があったのですが、如何せん高い。 お金持ちでない限りはExpediaなどでそれなりの航空券とホテルを探しましょう。

日本人コミュニティに入る

次に必要なのは日本人の知り合いです。特に1人で初めて参加される方は必須です。 やはり土地勘のない場所で単独行動するのは心細いものです。 そんな時は国内で参加者同士のミートアップが行われるのでたくさん参加して仲良くなっておきましょう。

f:id:LIFULL-hanawat:20170602185110j:plain

私は今年Timersさんのミートアップで去年自腹で行った時の内容を発表させていただきました。 詳しい方から有益な情報を聞き出せたりするのでおすすめです。

f:id:LIFULL-hanawat:20170602185120j:plain

画像提供: Timers inc. さんありがとうございます。

お外に出たくない。もっと知り合い作りたい。という方向けにFacebookやSlackのコミュニティがあります。 毎年抽選結果がわかるころには作成されているので"WWDC"で検索して参加リクエストを送りましょう。 現地でのイベント情報の共有や、ご飯のお誘いなどに利用されています。

パスポートの期限を確認する

アメリカの入国にはパスポートの期限が3ヶ月残っていることが望ましいので、 ギリギリの方は更新しましょう。まだ持ってない方は早く取りましょう。意外と面倒です。

ESTAを取得する

ビザを取得せずに入国する外国人に対してESTAの事前申請が義務化されています。 取得自体はすぐできるので搭乗手続きまでには絶対に行なってください。絶対です。 (去年取り忘れていて倍以上の値段で航空券を再度購入した)

保険とWifiの準備

あとは任意になるのですが、保険とWifiはあった方がいいです。というか必須です。

  • 保険: San Franciscoの時はかなり治安の悪い場所で開催されていたので必須でした。海外行く時は大体入りますよね。
  • Wifi: 去年は自腹でお金がなかったので借りなかったのですが、公共Wifiがない場所で迷子になります。

周辺イベントに参加申し込みする

WWDCに参加する準備は大体整い、余裕が出て来た頃に周辺で行われるイベントを探してみましょう。 以下のアプリを使用するとたくさんの企業が開催するイベントが見れます。

  • Parties: Appleが提供していて、主に企業が開催する周辺イベントを管理できます。

  • Eventbrite: 現地に住む日本人エンジニアのミートアップなど小さなイベントも見つけられます。

  • AltConf: 毎年WWDCのセッションと同じ時間帯に行われている大きなイベントのスケジュールが見られます。

WWDC公式アプリをインストールしておく

現地で発表が始まるとスケジュールが公開されます。 通知が来たり、セッションの動画がストリーミングできたりする優れものなのでとりあえず入れておきましょう。

https://itunes.apple.com/jp/app/wwdc/id640199958

Uber/Lyftアプリをアクティベートしておく

向こうの電車は味があって好きですが、本数も少なく時間も曖昧なのでUber/Lyftを使いましょう。 ただしアプリのアクティベートには電話番号が必要なので、現地でアクティベートが困難になる場合があります。 なので国内にいる内にクレジット登録とアクティベートを済ましておきましょう。

  • Uber: 日本ではまだドライバーが少ないですが、アメリカはわんさかいます。

  • Lyft: 知らない人と相乗りができるUberです。私は楽しいのでこっちをメインで使ってました。

身体を大事にする

私は健康管理が下手くそなのでこれが一番大事だと思っています。最近は野菜ばかり食べてます。野菜はいいぞ。

あとは参加するだけです。では現地で会いましょう、アディオス。

宣伝をする

弊社でWWDCの報告会を開催予定ですので奮ってご参加ください。

lifull.connpass.com