LIFULL Creators Blog

「株式会社LIFULL(ライフル)」の社員によるブログです。

AWS re:Invent 2017 初参加レポート GameDay編

こんばんは。磯野です。 先日に引き続き、GameDayに参加してきましたので、その結果報告をしたいと思います。

GameDayとは?

ある企業のサービスを極端なリクエストの増減に対応しつつ、要求を満たすように改善し、得点を競うハッカソンです。

詳しくはこちら reinvent.awsevents.com

また、GameDayを成功させるためのTipsも上がっていますので、ぜひ参照してみてください。 aws.amazon.com

実際のところre:Inventのセッション申し込み開始時点では全く興味がなかったのですが、日本からのre:Invent参加者向けプレイベントでお会いした方に参加を勧められ、悩んだ結果現地でしかできないことをすべきという結論に達し申し込みをしました。

その際、一緒に行く予定の鈴木にGameDay参加を焚きつけられたりしたわけですが、そんな鈴木もGameDayに参加してくれたのは本人の記事にある通りです。

入場まで

re:Invent会場で提供される朝食が6:00-8:00ということもあり、6時半起床、7時過ぎにはホテルを出ました。 朝食の内容は鈴木の記事にあると思うので、特に書きませんがマフィンなどを美味しくいただきました。

f:id:LIFULL-isono:20171130053730j:plain

そのあと8時半くらいにGameDayの会場についたのですが、マフィンやコーヒーなど軽食が用意されており、無理に早起きして朝食に行く必要もなさそうです。

入場から着席まで

入場時に自分のスキルを確認され、そのスキルにしたがってテーブル番号を指定されます。

英語についての不安もあり、覚悟して行ったのですが、テーブルの4人のうち3人が日本人という、アウェー感の全くないチーム構成でした。 周りを見回すと、全部で60チーム程度あり、日本人らしき顔がちらほら、少なくとも1割くらいはいたのではないかなと思います。

説明開始の10時まで時間があったので、軽く自己紹介をし、Slackのチーム/GitHubのOrg.を作って開始を待ちました。

f:id:LIFULL-isono:20171130165047p:plain

内容

GameDayの内容について細かく書くことは避けますが、ユニコーンレンタル社の危機をAWSの色々なサービスを使って解決して行くことがミッションです。 それぞれ、時間の経過や前問の回答とともに少しずつオープンされるので、次々と新しい問題起こる、本番さながらのシチュエーションです。

説明にもある通り色々な問題があり、詳しい情報がない中、サービスを継続し、問題を見つけ、いかに解決いていくかというのが焦点になります。

良かった点

最初にSlackのチーム/GitHubのOrg.を作ったところ

開始前のテーブルに集まった段階で提案していただき対応できたので、その後の動きが楽になりました

ノートを持って行ったこと

英語が伝わらなくても、図に書けば伝わる!という思いから nu board を持って行きました。 2ページしか使わなかったので、ただのノートでも全然良かったという気はしなくもないですが、図でのコミュニケーションは大事ですね。

反省点

開始直後のタスクの整理がたりなかった

まずはどんなことが必要で、何をするのか、というのを事前にチームで共有し一覧化すべきだったと感じています。 今回の内容に関しても、そこまで高度なスキルが必要なものが多いわけではなく、AWSの知識や今何をすべきか知っていることが重要だったと思うので、まずはみんなでタスクを文字として洗い出して、作業を分担すべきだったかもしれません

Get to know your team

8つのTipsの2番目です。チームのことを知ろう!ということで、自己紹介で軽く聞いたり話したりしましたが、 AWSのどのサービスが使えて、それ以外にどう行ったところに強いのか、弱いのかという話を一覧にしてもよかったなと思いました。 振り返ってみたときに、細かい何ができて何ができないのかをあまりしっかり把握できてなかったなと気づかされました。

タスクの整理と一緒で、得意な人に割り振ったりなどが簡単にできた

英語力

弊社は希望者がオンライン英会話を利用できるようになっており、それをやっていたことで多少なりとも助けになりました。 まだまだ自分の足りない点の自覚もできて来たので、何らかの形で継続して来年は英語怖い状態から卒業したいと思っています。

最終結果

開始時の説明で16時と言っていたのですが、スケジュール上は19時だったので悠長に構えていたらいきなり終了してしまいました。 その際、手をつけていた問題は解決できずにそのまま終了です。

順位はおそらく、21位です。 良くもなく悪くもなくですがみんな初参加と考えたら悪くない結果ですよね。 自分が足を引っ張らず貢献できていたら違う結果になったかもしれないと悔やまれます。 (個別の結果がまとめて発表されたわけではないので、最後に見た順位です。確実な数値ではないです。)

チームのみなさんありがとうございました。

優勝チームや上位のチームにはユニコーンのぬいぐるみが進呈されていました。 終わった後に前でもらっている人を見かけたので、行けばもらえたのかもしれません。

f:id:LIFULL-isono:20171130164158j:plain

結論

GameDayのようなものを社内でも開催できたら楽しい&AWSのスキル向上につながるなと考えています。 単純なハッカソンではなく事前に枠の用意された問題を協力して解決することでサービスのことをもっと知ることができます。

また、速くものを出して行く、今回あまりできませんでしたが、エラーやアクセスを監視するなどの視点にも繋げることができるのではないかと思います。

帰国したら、こういったハッカソンにはできるだけ参加したりしながら知見をためて、社内でも開催できるようにしていきます。