LIFULL Creators Blog

「株式会社LIFULL(ライフル)」の社員によるブログです。

AWS re:Invent 2018(Hands-on Labs実施編)

お疲れ様です。基盤Gの今井です。
Hands-on Labsに参加してきたので、所感を記載いたします。

Hands-on Labsとは

 検証用のサンドボックス環境で実際にAWSサービスを実習を行います。
 カタログから、実習対象サービスと内容を選択し、シナリオに沿って自分のペースで学習が可能です。
 また、申込み予約が不要で、席が空き次第、実施可能なのもありがたかったです。(回転が早いため、ほぼ待つことなく参加できました。)
 f:id:LIFULL-imais:20181130184402j:plainf:id:LIFULL-imais:20181130184416j:plain

開催場所

 The Venetian(主要会場)にて、開催されます。

開催時間

 登録用の初日と、最終日を除き、毎日以下の時間で参加可能でした。

  • 11/26 08:00 ~ 16:00
  • 11/27 08:00 ~ 16:00
  • 11/28 08:00 ~ 16:00
  • 11/29 08:00 ~ 16:00

参加に関して

 ラボ参加に関して、最初にアカウント作成が求められます。登録時のメールアドレスがアカウントになりますが、登録後に対象メールアドレス宛にアカウント認証用メールが送信されます。その為、即時、確認が可能なメールアドレスで登録されることをお勧めいたします。
 また、シナリオは全て英語でしたが、何をすれば良いのかが分かりやすく、手順を間違うことはありませんでしたので、英語初心者&専門知識無しでも、安心して参加できました。

各Hands-on Labs内容と感想

Introduction to Amazon EC2 Auto Scaling

 AWS EC2 Autoscallingを1から構築する手順が、分かり易く纏められていました。

Introduction to Amazon Machine Learning

 機械学習を用いたクラス分類の精度評価のための混同行列を学びつつ、機械学習の初期導入が学べました。
 上記Auto Scalingと同様に、こちらも1から構築する手順が、分かり易く纏められており、導入・学習としては良かったです。
 また、Machine Learning(※AWSサービス名)が必要な設定を任意で対応してくれるため、初心者でも機械学習がやりやすかったです。