LIFULL Creators Blog

「株式会社LIFULL(ライフル)」の社員によるブログです。

営業から未経験でエンジニアにジョブチェンジした話

何をしている人?

こんにちは! 2017年に入社して5年目になります、志茂です! 2年半営業職を経験した後、未経験でwebアプリケーションエンジニアにジョブチェンジしました。

今回は未経験で異動するまで道のりとLIFULLでのキャリアの選択制度について、お話したいと思います。

プログラミングを始めたきっかけ

まずは入社前の私ですが、私立文系と全くプログラミングと縁のない大学生活を送っていました。 就活を始めてインターンで出会ったLIFULLの社員の人柄にひかれそのまま入社しました。

初めてプログラムを書いたきっかけは、日々のルーティン業務を効率化できないかと考え、 Google Apps ScriptとChatworkAPIを使って、ルーティンタスクを毎朝通知するというものでした。

自分で作ったものが実際に動いて、ちょっと便利になっていくという体験をしていくうちに、 なんとなく「プログラミングを勉強したい」から、「エンジニアとしてユーザーに少しでも便利になるものを作ってみたい」という気持ちに変わっていました。

そう考えるようになってから、本格的に勉強を始めました。

勉強の方法は人それぞれだと思いますが、自分の場合は周りの環境から変化させるために、G's ACADEMY(ジーズアカデミー)さんというプログラミングスクールにお世話になりました。

転職ありきではなく、基礎から学んで、自分でサービスを一から作れるようになりたい方にとてもおすすめです! gsacademy.jp

背中を押してくれた直属の上司

仕事で何かを作るなら、思い入れと実現したい目的を共有できるサービスに携わりたいと考えていました。

そのため転職は考えず、社内で異動できないかと考え、動き始めました。

LIFULLではジョブローテーションを行っておらず、半期に一回社員一人ひとりのキャリアビジョンを本人と上司が共有し、 それに基づいて目標設定や人員配置を行う「キャリア選択制度」があり、 人事異動や職種変更、新規プロジェクトへの参加等の希望を随時申請することができます。

ただこれまでLIFULLの中で営業からエンジニアへの職種変更の事例は前例がなかったので、 ダメ元で 当時の上司に異動希望の旨と理由を相談したところ、

「エンジニアのこと詳しくないけど、やりたいことがあるなら応援するよ!!なかったら事例を作ればいいから、いろんな部署の人に相談してみよう!」

と背中を押してもらい、職種変更のために必要な関係者たちとの面談調整というタスクまで設定してもらいました。

そこから、エンジニアになるためのインプットはしっかり継続しながら、並行して関係部署との面談で「なぜエンジニアになりたいのか」についての想いを伝え続けた結果、 半年後にWebアプリケーションエンジニアにジョブチェンジすることができました。

会社からは、スキル面で言えば新卒のエンジニア内定者の水準に少し劣るレベルだったのですが、私自身の意志と熱意を信じてもらい、 初めは辛いけど、最後は気合いでがんばれ!のスタンスで送り出していただきました。

うまくいかない配属当初

配属でスタートから高速でキャッチアップして、成果を出す!!と意気込んでいたのですが、そう簡単ではありませんでした。

会社には最大限の配慮をしてもらい、自身が営業の時に携わっていた領域商材をそのまま開発できるようにしてもらい、 タスクの難易度も段階を経て、成長できる環境を与えてもらっていました。

それでも基本的な技術の理解が足りておらず、他のメンバーが数時間で終わる作業が何日もかかってしまう状況で、 周りは経験豊富なメンバーばかり、スキルのない自分は何も成果や価値が生み出せていないと、とても申し訳ない気持ちと焦りでいっぱいになりました。

そんな時に直属の上司が、

「プログラミングのスキルで足りないところは別のポータブルスキルでカバーして、周りの人にどんどん聞いて解決しよう!一つ一つ落ち着いて考えれば、必ずできるから」

と持ち歩いているスケッチブックで、構造やデータの流れなどを随時図示してわかりやすく説明してくれました。

そこから、自分に今できる最大限のことをしようと考えるようになり、 目の前のことに集中して、一つ一つ取り組むことを意識することができました。

いましてること

現在は「住まいインデックス」というエンドユーザーに、住まいにまつわる情報を提供して、自身にピッタリの住まいの探しの条件を決めることができるサービスを開発しています。

インフラ構築からサーバーサイド、フロントエンドもすべて5人いるチーム全員で担っています。 比較的新しいプロダクトになりますので、新機能を作っていくために、社内でもスキルの高いメンバーが集められています。

業務の中で一緒に働く経験豊富なメンバーたちから吸収できることがたくさんあり、日々新たなことを学んでいる感覚があります。 またスクラム開発を導入しているため、チームで議論する場が多くあることも学びが多くなっているポイントになっていると思います。

先輩達の思考や課題を解決する上での視点や観点を知ることができるので、毎日が成長の機会だと思って仕事をしています。

最近ではAWSのソリューションアーキテクトの資格を取得したこともあり、インフラの改修や運用を任せていただくことが多く、 自分の身につけたスキルがすぐに業務に活かせることがとても楽しいです。

これからやっていきたいこと

社内で初めて営業からエンジニアにジョブチェンジした前例を作ることが出来たので、 そのロールモデルになれるようビジネスサイドの経験や個性も活かしながらエンジニアとして成長をしていきたいと考えています。

まだ抽象的ではあるのですが、中長期的には技術の力とビジネスの力を組み合わせてサービスの成長を牽引し、 ユーザーやその先にある社会の課題を解決できるエンジニアになっていきたいなと思っています。

最後に

LIFULLでは一緒に働く仲間を募集しています。 ゼロからやりたいこと、本人の行動と熱意を信じてをやらせてくれる環境があります。

私の記事を読んで、少しでもLIFULLに興味を持っていただけたら幸いです。