LIFULL Creators Blog

「株式会社LIFULL(ライフル)」の社員によるブログです。

リファクタDays - 開発生産性を上げる取り組み -

こんにちは、エンジニアの加藤です。LIFULL HOME'Sの注文住宅領域を支えるエンジニアチームのマネジメントを担当しています。

皆さん、技術的負債の解消やリファクタリングなどどのように行っていますか?

長年の開発業務により蓄積された技術的負債は、開発生産性を低下させる要因として多くの方の頭を悩ませているかと思います。

私の所属する部署では開発生産性の向上をミッションとして掲げており、技術的負債の解消はミッションを達成するための重要な要素となっています。 そのような中、私たちのチームでは「リファクタDays」という取り組みを通じ、約半年間技術的負債の解消を含むシステム改善に努めてきたので、今回はそちらについて紹介したいと思います。

技術的負債の解消を行う上での課題

開発生産性を上げるため技術的負債の解消が重要である一方、LIFULL HOME'S 注文住宅の機能開発を担当するエンジニアであるため、常にプロジェクトに配置されておりサービス開発を行う必要があります。

そのため、負債解消とサービス開発を両立させるためには、限られた時間の中でバランスよく実行することが重要となります。

昨期以前は組織で技術的負債の解消計画を立てつつ、実行は担当するプロジェクトの状況を加味しつつ各メンバーの裁量に任せておりました。 しかし、ときにはプロジェクトを優先して負債解消への取り組みを劣後せざるを得ない状況もあり、計画に対し思うように進捗させるのが難しい場面もありました。

上記の結果を踏まえ、一番の課題は負債解消に取り組む時間を十分に確保できないことであると捉え、仕組み化により課題解決を図る方法を検討しました。

リファクタDaysという取り組み

プロジェクトと両立させるための仕組み

前述の通り、サービスを成長させるためプロジェクトを遂行することも重要な職務であるため、プロジェクトと両立させることは不可欠です。 そのため、どのように負債解消に取り組む時間を確保するかが重要となります。

プロジェクトを計画する上で、不確定な要素はなるべく排除しておきたいものです。 エンジニアがプロジェクト外の開発をいつどれだけ行うか不明瞭である状態では計画も立てづらく、プロジェクトの遂行にも影響を及ぼします。 これらの影響を抑えるよう、負債解消への取り組みは一定周期ごと一定期間実施することとし、あらかじめ半期分時間を確保することとしました。

また、負債解消に取り組む上でも効率化は重要です。 タスクにより粒度や規模は異なるため、1日で完遂するものもあれば数日に及ぶものもあります。 開発途中で手を止めることは開発効率を低下させる要因となるため、連続した数日間を集中して取り組むことができる期間として確保することとしました。

これらをもとに以下のルールを定め、この期間を「リファクタDays」と名付けました。

  • 3週毎3日間利用し実施
  • 実施日は水、木、金の連続した3日間
  • 開始日の朝11時にキックオフを実施し、期間内で実施するタスクを各自ピックアップする
  • 原則この期間はプロジェクトに纏わる活動(開発・MTGなど)は行わない
  • 原則スケジュールの変更は行わない(休暇・祝日が被る場合も)

目的は開発生産性を上げること

開発生産性を上げるためには技術的負債の解消以外にも様々なアプローチがあります。 例えば、運用業務の効率化やリファクタリングによりソースコードの保守性を高めること、システムコストを削減することで人的リソースのコストに回すなど。

リファクタDaysの目的は開発生産性を向上させることであるため、技術的負債の解消に限定せず上記を含めたシステム改善全般を取り組むべきものとして位置付けています。

周囲の協力を得ることが重要

これらの取り組みを考えても周囲の関係者の理解と協力を得ることなしに実行はできません。

特にプロジェクトをともに遂行するプロダクトマネージャーや企画職のメンバーの協力は不可欠です。 リファクタDaysの目的や効果を伝えるだけでなく、ルールのすり合わせや実施後のヒアリング、実施内容の見える化など様々な取り組みを行いました。 これらにより理解を得られ快く協力してもらえたことが、リファクタDaysを遂行するための大きな後押しとなっています。

リファクタDaysでの効果

現在約半年間リファクタDaysを実施してきましたが、時間確保の課題は解消され、プロジェクトと両立しつつ一定のペースでシステム改善を積み上げることができています。

システム改善数の推移
システム改善数の推移

また、LIFULL HOME'S 注文住宅へのリリース数も昨期半年間と比較して一月あたり平均約1.5倍に増加し、高い水準で安定していることから開発生産性向上への効果も感じられます。

LIFULL HOME'S 注文住宅 月別リリース数
LIFULL HOME'S 注文住宅 月別リリース数

まとめ

技術的負債の解消や開発生産性向上は多くの組織で抱える課題であり、重要な取り組みの一つであると思います。

今回紹介させていただいたリファクタDaysの事例が、皆さんの課題解決に少しでもお役に立てたら嬉しいです。

また最後にLIFULLでは一緒に働く仲間も募集しているので、よろしければこちらも併せてご覧ください。

hrmos.co

hrmos.co