LIFULL Creators Blog

「株式会社LIFULL(ライフル)」の社員によるブログです。

自動テストの効果測定に使われるEMTEとは?

こんにちは! LIFULLのSETエンジニアのRueyです!

今年の3月にISTQBの自動化エンジニア資格 CTAL-TAE(Advanced Level Test Automation Engineer)を取得しました。TAEの勉強で自動テストの効果を測るメトリクスが幾つかあることが分かりました。その中で工数を測るメトリクスをEMTE(Equivalent Manual Test Effort)単位で表現することが推奨されています。しかし、その時は説明を見てもこれに換算すれば何か嬉しいか分かりませんでした。

ちょうどある開発グループで自動テストを導入する案件がありましたので、実際のプロジェクトでメトリクスを計測し検証してみました。様々な知見が得られたので、今回はこの単位の紹介と使用例を紹介したいと思います。

目次

  • はじめに
  • 自動テストのメトリクス
    • EMTEとは
    • EMTEを使って表すことができるメトリクス
  • 支援案件
    • 概要
    • 自動テストの導入目的
      • テスト作業の効率化と工数の削減
      • テスト作業におけるヒューマンエラーの排除
      • 品質の維持
    • 支援方法と内容
  • 結果検証と分析
    • EMTEに換算する
      • 実行時間を換算する
      • メトリクスを換算する
    • EMTE使う際の注意点
    • 工数と節約の費用対効果
  • 最後に

はじめに

SETチームはLIFULLにある他の開発チームの自動テスト導入支援を行っています。

支援メニューは以下のとおりです:

続きを読む

物件更新情報LINE受け取りの個人情報扱いについて

こんにちは! LIFULLのエンジニアの孫です。

メールやLINEを利用した開発作業をメインにしています。 今回は自分が担当していた物件更新情報LINE受け取り機能の仕組みについて紹介したいと思います。

物件更新情報LINE受け取り機能とは

LIFULL HOME'Sに掲載されている新築マンションでユーザが希望した物件の情報が更新された際にLINEに通知がくる機能です。

▼物件更新情報LINE受け取り機能紹介ページ https://www.homes.co.jp/smp/mansion/shinchiku/line/update-message/about/

ユーザが求めている情報をより早くより近くに届けるための施策となります。 この施策を進める中で一番気を付けていたLINEから受け取る個人情報の扱いがキーになっていたので その個人情報の扱いを中心にどういう仕組みで開発していたのか記載していきます。

続きを読む

社内でAI成果展示会を開催しました

みなさま、はじめまして。AI戦略室の嶋村です。

我々AI戦略室では、機械学習・深層学習・数理最適化・時系列解析・画像処理・自然言語処理などの技術を活用した様々な研究開発プロジェクトを推進しています。私はそれらのプロジェクトを統括する研究開発マネージャの立場にいます。

今回、LIFULL全社に対して研究開発成果を大々的に公開する『AI成果展示会』を開催しました。その目的や内容、どのような反響を得たのか、皆さまにご紹介します。

続きを読む

LIFULL社員の自宅をスマートホーム化するハッカソン「おうちハック」を実施しました

こんにちは!クリエイターの日運営委員の松岡です。 みなさんは「スマートホーム」という言葉をご存知でしょうか?

例えば「家に近づくとエアコンが自動的に起動する」「音声でテレビを操作できる」など、スマートホームとは、様々なデバイスをインターネットに繋ぐことで便利な生活ができる家のことを指します。

LIFULLではコロナの影響もあり在宅ワークが基本の状態になっており、自宅の生活を豊かにする需要が高まっています! そこで「クリエイターの日」のイベントの一環として「おうちハック!」と銘打って最新のテクノロジーを用いたオンラインハッカソンを開催しました!

続きを読む

クリーンアーキテクチャの各概念を定食屋で表現する

プロダクトエンジニアリング部のカマトです。

普段はマーケティング・エンジニアとして、LIFULL HOME'SでLINEやメールを活用したサービスの開発に従事しています。
今回は業務でシステムの刷新を行う中で、アーキテクトにクリーンアーキテクチャを採用し初めて経験しましたのでこちらについてお話しをさせていただきます。

新しいアーキテクトに触れるときは、このレイヤーは何を担当しどのような概念でどのような機能を持たせればいいのか?と理解するをするまでいつも苦戦するのですが、クリーンアーキテクチャは特に登場人物が多く今まで以上に大変でした。
このクリーンアーキテクチャの処理の流れを日常のものに置き換えれば、別な視点で理解が深まるのではと考え、各レイヤーの概念を定食屋のフローに落とし込んで表現をし振り返りをしてみようと思います。

参考にしたイメージ図に沿ってのレイヤーと概念ですので、これにそってなければクリーンアーキテクチャではないということはないです。
クリーンアーキテクチャはこうすればいい!や、このような思想でやってください!というものではないので暖かい目で見ていただけれたら嬉しいです。

続きを読む

LIFULLでのLINE活用事例「住み替えサポート(賃貸版)」のご紹介

こんにちは、LIFULLでLINEやメール周りを担当しているエンジニア三宅です。

LIFULL HOME'Sでは、これまでエンドユーザとのコミュニケーションは次のとおりでした。

  • オフライン:店舗(LIFULL HOME'S 住まいの窓口)、電話
  • オンライン:Web、メール、チャット

しかし、エンドユーザの利用率や利便性を考え、2019年からLINEを使ったコミュニケーションサービスの配信を開始しました。

現在ではLINEで物件相談が出来たり、一人一人の住み替えステップに応じたメッセージ配信をおこない、ユーザのアクションによって適切な情報を配信するサービスを提供するなど、よりオンラインでのコミュニケーションが強化されています。

今回はLIFULLで提供しているLINE活用の取り組みの中から「住み替えサポート」を紹介したいと思います。

続きを読む

Node.js で Twig のプリプロセッサーを作って言語の機能拡張をしてみた話

技術開発部の相馬です。好きな JS モジュールバンドラーは Rollup です。

表題のとおりですが、今回は Node.js を使って PHP のテンプレートエンジンである Twig のプリプロセッサーを作り、言語機能の拡張をしてみた話についてご紹介したいと思います。

はじめに

弊社のメイン事業である LIFULL HOME'S の開発の歴史は長く、技術的負債と呼ばれるモノも多く存在しています。

これらの問題に対し、現在弊社ではエンジニアが組織として負債の解消に取り組むような体制が整っています。

フロントエンドの開発環境の改善については、以前ご紹介したので次の記事をご覧ください。

www.lifull.blog

続きを読む