LIFULL Creators Blog

「株式会社LIFULL(ライフル)」の社員によるブログです。

esbuild で開発環境の JS をビルドをしたら 55 倍(220sec->4sec)高速になった件について解説させてください

テクノロジー本部の相馬です。好きな Web API は Window.requestAnimationFrame() です。

私が現在所属しているグループでは、弊社のメイン事業である LIFULL HOME'S における開発効率の改善などを行っています。

私はフロントエンドの開発環境の改善などを主に担当しております。

今回は、LIFULL HOME'S の JavaScript 開発環境のビルドを、esbuild を使ってビルドしたところ、当社比で 55 倍高速になった事例について紹介いたします。

目次

  • サマリ
    • Before/After
  • はじめに
    • 従来の開発環境について
      • 開発環境のインスタンススペック不十分問題
      • npm run dev 遅すぎる問題
    • esbuild とは?
  • 開発中大変だったところ/ちょっとハックしたところ
    • esbuild に当時 watch option がなかった
    • トップレベル this のスコープ問題
    • UMD ライクで実行環境毎に global object を判断するライブラリのコードが壊れる
  • おわりに
続きを読む

新しく作った社内サービスを広める工夫をした話

みなさんこんにちは。 品質改善推進ユニットQAグループでQAエンジニアをしている飯泉です。

今回は技術的な話からちょっと離れているのですが、 社内向けのサービスを広めるために工夫した話をしたいと思います。

新しいツール導入やアイデア浸透で苦労した経験がある方には面白い話かもしれません。

お時間があれば是非読んでみてください。

続きを読む

検索エンジンチーム配属後、最初の半期を振り返ってみた

検索エンジンチームの寺井です。21卒新卒エンジニアです。

気づけば入社から半年、本配属からは約4ヶ月が経過して、入社後最初の半期が終了しました。
ちょうど節目のいい機会なので、主に配属されてから今までやってきたことを振り返りつつ、使用した技術やもっと事前に勉強しておけば良かったことなどを書いていこうかなと思います。
今後エンジニアとして入社を考えているみなさんや、初心者エンジニアのお仲間さんがちょっと気づきを得られる記事を目指します。
※とは言いつつ今回はテクニカルな話はほとんど出てきませんのでゆるい読み物として読んでいただけたらと思います。

続きを読む

リモートワーク下でどうやって偶発的なコミュニケーションを生み出すか: Discordを使ったコミュニケーション(ハンガーフライト編)

LIFULLのプロダクトエンジニアリング部でエンジニアリングマネージャーをやっております野澤と申します。

もともとはゲーム用途で使われることの多かったDiscordですが、最近はIT系のイベントでは必ずといっていいほど使われるようになりました。LIFULLでも昨年導入され、各部署でDiscordを使って日々コミュニケーションを取っているようです。

コロナ禍になる前はオフィスで偶然出会った人と話せたり、連絡せずともふらっと会いたい人に会いに行って話せたりしていました。ところが、リモートワークだとどうしても自分が所属するプロジェクトやチームの人としかコミュニケーションしなくなりがちではないでしょうか。

そこで、私が所属するプロダクトエンジニアリング部ではDiscordを使った「ハンガーフライト」というコミュニケーション施策を講じてみたので少しだけご紹介できればと思います。

続きを読む

DBエンジン移行に伴うSQLの移行漏れ検出の取り組み

こんにちは。テクノロジー本部基盤開発ユニット改善推進グループの花岡です。
改善推進グループでは技術的負債解消の一環としてLIFULL HOME'S で使用されているDBエンジンプロジェクトに取り組んでいます。

今回はDBエンジン移行プロジェクトにおけるSQL改修漏れを防ぐための取り組みについて紹介したいと思います。

続きを読む

気軽な会話から着想を得る仕組みを作る

検索エンジンチームの加藤宏脩です。

突然ですが、自分たちが行う施策をもっと雑談に近いところから決められたらいいなと思ったことはないですか?

私は気軽に話せる環境のほうがいろいろな意見が出やすく、またそういった話し合いから生まれるアイディアが意外と良いものだったりするのかなと考えています。

検索エンジンチームでは、「検索」というテーマを軸にラフな議論を行いその中から次にやる施策を決めるという方法を半年ほど続けています。

続きを読む