LIFULL Creators Blog

「株式会社LIFULL(ライフル)」の社員によるブログです。

WWDC 2017 - WWDCチェックイン編 -

こんにちは。LIFULLの池田です。

とうとう明日からAppleのWWDCがSan Joseで開催されます!
今回は、日本出国から現地でのWWDCチェックインまでです。
(前回の準備編はこちら。 )

成田空港〜サンフランシスコ国際空港(SFO)

WWDC会場のSan Jose McEnery Convention Centerの最寄りの空港はノーマンY.ミネータサンノゼ空港ですが、今回は予約の際に安く航空券が手に入ったサンフランシスコ国際空港(SFO)を選びました。

成田空港で航空会社のチェックイン、出国審査を行いいざ飛行機へ。
今回はユナイテッド航空でサンフランシスコに向かいました。

f:id:LIFULL-ikedakz:20170605152704j:plain

9時間半のフライトの末、サンフランシスコ国際空港に到着。
サンフランシスコ国際空港ではイミグレーションに長蛇の列。。
普通にいくと1, 2時間はかかりそうな列。

その列に並びながら横を見ると「Returning ESTA」の看板が!
ESTAをとって2度目以降のアメリカ入国だとイミグレーションの手続きが違うらしく、私たちは運良く2度目以降の入国だったため、そちらの方へ。
少しの列はありましたが、15〜20分くらいで手続きを終え先に進むことができました。

f:id:LIFULL-ikedakz:20170605152726j:plain

そんなこんなで入国完了!
時差ボケと戦いながらアメリカでの活動スタートです!

WWDCのチェックイン

WWDCのチェックインは開催前日のAM9:00から。
会場はSan Jose McEnery Convention Centerです。
会場の近くにはVTAのLight Railの駅(San Jose Convention Center Transfer Station)があり、$2で距離に関わらず1回の片道乗車ができます。
今回はこのLight Railを利用して会場に向かいました。
下の写真は路線図。

f:id:LIFULL-ikedakz:20170605153935j:plain

駅から降りるとすぐそこにはもう会場が!

f:id:LIFULL-ikedakz:20170605154129j:plain

建物全体にWWDCの装飾が施されています!
だんだん実感が湧いてきました!

混んでいるというほど人はいないですが、それなりの人がいて賑わっています。
会場前の広場では参加者に対して食事と飲み物が無料で提供されています。

右奥のチェックインカウンターでWWDCのチェックインをします。
チェックインではWalletアプリに登録済みのWWDCパス内のバーコードを読み取ってもらいます。
この読み取りが完了するとパス、リストバンド、記念品のジャケット、ピンがもらえます。

f:id:LIFULL-ikedakz:20170605154656j:plain

これでチェックイン完了です! とうとう明日はWWDC初日!
Keynoteで何が発表されるのか楽しみです!