LIFULL Creators Blog

「株式会社LIFULL(ライフル)」の社員によるブログです。

「デザイナーの放課後 #1 サービスを成長させるデザイナーとは?」開催レポート!

こんにちは。LIFULL HOME'Sの、主に賃貸領域のサイトデザインを担当している山田 和代と申します。つい先日、LIFULLのデザイナーによる外部に向けた勉強会&交流会である「デザイナーの放課後 #1 サービスを成長させるデザイナーとは?」を開催しました! 本日はその様子をご紹介します。

「デザイナーの放課後」とは

このイベントを立ち上げた理由や経緯をご紹介します。もともとLIFULLではデザイナー・フロントエンドエンジニア同士でお互いの仕事のナレッジを共有し合う会を実施しており、その会を母体に「外部の方に向けて発表し、交流の場としてはどうか?」と提案したのがきっかけです。

また、自分たちの仕事を外部の方に向けてご紹介することで発見があるのではないか、外部の方にもっとLIFULLのデザイナーのことを知っていただけるといいのではないか、といった思いもこめてイベントを立ち上げました。

そんな期待をこめた「デザイナーの放課後」、記念すべき第1回には、「NAVITIME」「ZOZOTOWN」のデザイナーさんをゲスト登壇者としてお迎えしました。

オープニングの様子

「イベントをやろう!」と意気込んでからずっと「聴講者の方は集まってくれるのだろうか…」という不安が最も大きかった気がしますが、当日には関係者の方も含めて満員の大盛況! ほっと胸をなでおろす瞬間でした。

f:id:LIFULL-yamadaka:20170901164116j:plain

f:id:LIFULL-yamadaka:20170901163841j:plain

司会は、LIFULL HOME’S iOSアプリ担当のデザイナー、小泉 きなみがつとめました。緊張で「今にも踊り出しそう」とつぶやく小泉。

冒頭のLTタイムでは、サービスをデザイナーの力でより魅力的にし、成長させていくにあたっての考え方や仕事の進め方などについて、比較的大規模なサービスを運営する事業会社のデザイナーからの発表を行いました。

LT1 「つながる」サービスをつくる LIFULL HOME'Sにおけるデザイナーの役割

トップバッターは、弊社のLIFULL HOME'S事業本部 流通UXユニットの鈴木 亜依です。ハリネズミと紫色をこよなく愛するデザイナーで、卓越したコミュニケーションスキルで社内でも頼りにされている存在です。

f:id:LIFULL-yamadaka:20170901165021j:plain

鈴木からは、先日リリースされた「LIFULL HOME’S 住宅評価」の開発秘話をまじえて、LIFULL HOME'Sの開発体制においてデザイナーはどうありたいか、どのようなシーンでデザイナーが貢献できているか、という点について発表を行いました。鈴木らしいパッション溢れるLTで、社内から見学に訪れたLIFULLの社員も、興味深く聞いていたようでした。

LT2 サービスを成長させるデザイナーのリーダーシップ

次にお話いただくのは、株式会社ナビタイムジャパン デザイン部 髙橋 将太さん。デザイナーでありながら、ウォーキングやお散歩など、歩くことに興味がある人向けのアプリ「ウォーキングNAVITIME-ALKOO-」のプロジェクトマネージャーをつとめる髙橋さんは、デザイナーがPMとしてプロジェクトに携わるお話を聞かせてくださいました。

f:id:LIFULL-yamadaka:20170901165212j:plain

LT3 ZOZOTOWNのデザイナーの「役割」と「考え方」

最後に登壇していただいたのは、ZOZOTOWN・WEAR等を運営する株式会社スタートトゥデイ工務店のデザイナー 樋口 智丈さんです。樋口さんは、フロントエンドのリーダーもされているそうです。

f:id:LIFULL-yamadaka:20170901165349j:plain

樋口さんからは、ZOZOTOWNのデザイナーは「仕事を自事(自分の事)(自然な事)としてとらえて考える」というマインドでデザインしているというお話や、具体的な施策の考え方に触れた発表を行っていただきました。

ディスカッション

ここから進行を私(山田)に替わりまして、登壇者の方々に会場のみなさんから質問をいただきながらディスカッションする時間を設けました。

私から質問させていただいたものの一つはこちら、「デザイナーとエンジニアの比率はどのくらいか」。サービスを成長させるにあたって、デザイナーとエンジニアの比率に「黄金比」はあるのか?! という疑問を日頃抱いていたため、このような質問を投げてみました。ここでは、鈴木から「デザイナーもっと欲しい」という声が漏れ出ました。

f:id:LIFULL-yamadaka:20170901165857j:plain

会場のみなさまからもたくさんの題材をいただきまして、そのなかの一つ、「採用に関して工夫している点は」という声には、樋口さんからスタートトゥデイ工務店の採用サイトに関してのコメントをいただき、会場が沸く瞬間も。

f:id:LIFULL-yamadaka:20170901165917j:plain

最後に

f:id:LIFULL-yamadaka:20170901170353j:plain f:id:LIFULL-yamadaka:20170901181725j:plain

最後にご用意したビアバッシュの場には、多くの方に参加いただき、大盛況でした! スタッフ一同、心から安堵し、喜ばしい時間となりました。初回とあって、準備は終始ワタワタとしていましたが、笑顔で帰っていってくださった方が多く見受けられ、「開催してよかった…!」と強く感じました。

f:id:LIFULL-yamadaka:20170901171612j:plain

「デザイナーの放課後」は、第2回、第3回と続けていきたい取り組みですので、お越しいただければ幸いです。こちらにて、LIFULLのデザイナーやエンジニアが運営するイベントの多くを告知しております。ぜひ一度、ご覧になってみてください。