LIFULL Creators Blog

「株式会社LIFULL(ライフル)」の社員によるブログです。

LIFULLでのLINE活用事例「住み替えサポート(賃貸版)」のご紹介

こんにちは、LIFULLでLINEやメール周りを担当しているエンジニア三宅です。

LIFULL HOME'Sでは、これまでエンドユーザとのコミュニケーションは次のとおりでした。

  • オフライン:店舗(LIFULL HOME'S 住まいの窓口)、電話
  • オンライン:Web、メール、チャット

しかし、エンドユーザの利用率や利便性を考え、2019年からLINEを使ったコミュニケーションサービスの配信を開始しました。

現在ではLINEで物件相談が出来たり、一人一人の住み替えステップに応じたメッセージ配信をおこない、ユーザのアクションによって適切な情報を配信するサービスを提供するなど、よりオンラインでのコミュニケーションが強化されています。

今回はLIFULLで提供しているLINE活用の取り組みの中から「住み替えサポート」を紹介したいと思います。

住み替えサポートとは?

住み替えステップに合わせた便利機能で、住まい探しから引越しの準備までをLINEでサポートする機能です。
住み替えに役立つ情報やお得なキャンペーン情報もお届けします。

以下詳細です。

物件レコメンドメッセージ

LIFULL HOME'Sで問合せをした物件と似た物件をメッセージでお届けします。 おすすめ物件を受け取る

住み替えステップに応じたメッセージ

住み替えステップ(物件見学予定、物件見学済み、物件契約済み、転居完了)に応じたメッセージをお届けします。

以下は見学予定の方メッセージです。
賃貸で反響を行うと、自動で画面下部のリッチメニュー が「住み替えサポート」専用のものに変更されます。 見学予定あり

以下は見学完了の方のメッセージです。 見学完了した

以下は契約完了の方のメッセージです。 契約完了した

リマインド機能

物件見学日を登録しておくと、前日にリマインドメッセージをお届けします。 見学予定日を入力する

お役立ち情報配信

物件見学必要な持ち物チェックリストや引っ越し後の手続きなど住み替え完了までに必要な情報をお届けします。
以下は「引っ越し一括手続きサービス」のお知らせです。 お役立ち情報配信

注)上記の画像は2020年10月現在のサービス画像の為、変更の可能性があります


どんな風に動いてる?

「住み替えサポート」がどのようにして動いているか少し説明させてください。


住み替えサポートの処理概要は以下となっています。

処理概要

①サンクスメッセージ
LIFULL HOME'Sで物件問合せをしてくださった方にLINEでメッセージを配信します。

②ユーザのアクション(友達になった、メッセージのボタンをクリックしたなど)があるとLINE社を通じてwebhook APIへ通知される
「LIFULL HOME'S公式アカウントに友達になった」、「弊社から配信されたメッセージ内のボタンをクリックした」などのアクションがあった場合、LINE社を通じて、webhook APIに通知されます。

③webhook APIからアクションに応じた処理を行う。
ユーザのアクションによって処理を分けるのですが、大まかには以下の3つになります。

  • アクションをデータベースに格納する
  • 即時メッセージ配信用のAPIにリクエスト
  • リッチメニュー(*1)の切り替え

④条件に合致したユーザに対してLINEメッセージを配信する
メッセージ配信は大きく分けて2つあります。
弊社では即時メッセージ配信は独自APIを使っており、定期メッセージ配信はMarketing Cloud(*2)というツールを使っています。

  • 即時メッセージ配信(ボタンタップ時に即時メッセージ配信)
  • 定期メッセージ配信(ユーザの状況に応じた定期メッセージ配信)


LINE株式会社が提供しているMessaging APIを用いて開発を行っています。
次のドキュメントを参考にすれば、さほど開発は難しくありません。
developers.line.biz

「住み替えサポート」は、最適なタイミングで、ユーザが必要とするコンテンツが配信される事に価値がある機能です。
そのため、ユーザのアクション単位で処理を行うことで、セグメントごとに配信するメッセージを切り分けています。


*1 リッチメニュー とは
LINE公式アカウントのトークを訪れた際、画面下部に大きく開くメニューです。
リッチメニュー|LINE for Business」より引用

*2 Marketing Cloudとは www.salesforce.com

開発時の小話

上記の処理概要部分でも記載しましたが、メッセージの配信は、LINEの「Messaging API」を利用しています。
「Messaging API」は、JSONでUI・UXを表現しますが、その仕様上、HTML+CSSのように細かいデザインの調整を行うことができません。

できない例

  • 空白行の縦幅の微調整
  • 画像サイズの微調整
  • 文字サイズの微調整

そのため、デザイナーと相談しながら、できる範囲で最適な物をチョイスしながら進めました。
非常に見やすくなっていると思うので、是非見てみて下さい!

LINEメッセージサンプル

LINE活用のその他事例紹介

今回は細かくは記載しませんが、その他にも様々な施策があります。
軽く紹介させてください。

サンクスメッセージ

処理概要のところで少し触れましたが、LIFULL HOME'Sで物件問合せをしてくださった方に送るメッセージです。
LINE株式会社が提供する「通知メッセージ」というサービスを使っており、LINEに登録されているユーザの電話番号と、LIFULL HOME'Sで物件問合せをする際に入力されたユーザの電話番号とを照合させることで、友だち登録していないユーザーに対してもメッセージを送ることができます。
LINEで問合せた物件が確認できるのでLINEをよく使う方には便利な機能となっています。

AIおウチ診断

検索条件を決めることなく理想の物件をAIが学習・提案してくれる機能です。
質問に答えていくだけで理想の住まいが楽しく検索できる機能となっています。こちらの診断を元により理想の住まいへのイメージを膨らませていただければ幸いです。

物件更新情報LINE受け取り機能

現状は新築分譲マンション領域において、情報の更新があったらLINEで通知してくれる機能です。
新築分譲マンションは完成までに時間がかかるので、未完成の状態でLIFULL HOME'Sのような物件検索サイトに掲載されます。
随時情報が更新されるのですが、物件の情報に更新が入るとLINEで通知してくれるので非常に便利な機能です。

どれも便利・面白い機能ですので、是非使ってみてください!

最後に

今では公式アカウントの友達数は180万人を超えています。

もっと一人一人に沿ったタイミングで、最適なコンテンツを届けられるように「ユーザに寄り添ってサポートできる」「もっと痒いところに手が届く」サービスにしていきたいと思います。

今後、新たなLINE活用も進めていく予定ですので、是非「LIFULL HOME'SのLINE公式アカウント」をご活用ください。

LINE公式アカウントはこちらから LIFULL HOME'S LINE公式アカウント QRコード